国家資格の一覧をチェック【ニーズを高めているリハビリ系の資格】

就職や独立がしやすい資格

勉学

短期で取得できニーズも大

医療系の国家資格一覧を見ると医師や薬剤師など、名前を聞いただけでも難易度が高くて手が届きにくそうな資格から、身近で接したことがなく、どのような仕事をする国家資格なのか分からないというものもあるでしょう。様々な国家資格が一覧に並ぶ中で、受験勉強などの準備をあまりしてこなかった学生さんや、社会人になってから転職を希望したり、国家資格を身に着けたいと思った方が比較的チャレンジしやすく、就職や転職に有利となり、将来的には独立開業もしたい方にもおすすめの国家資格をご紹介します。2年から3年程度、専門学校に通うことで受験資格が得られ、難関の医大や薬科大に行かなくても得られる国家資格の一覧の中でも、求人が増えているのがリハビリ系の分野です。高齢化や事故や脳卒中などの病気で後遺症を持つ人が増え、社会復帰をサポートする理学療法士や作業療法士、言語聴覚士へのニーズは高まっています。中でも言語聴覚士は高齢者の咀嚼機能の維持や向上、脳梗塞などで言語障害や嚥下障害が起きた方のサポーターとして活躍できますが、有資格者が少なく需要も高いといえます。理学療法士とのダブル資格で、さらに活躍の道や就職のしやすさも広がっていきます。独立開業を目指したい方におすすめの一覧は柔道整復師や鍼灸師など、東洋医学的な観点や手技を用いた治療分野の資格です。専門学校で学び、厚生労働大臣からの免許を得て直ぐに独立開業を目指すことも可能です。