国家資格の一覧をチェック【ニーズを高めているリハビリ系の資格】

柔術を起源とする施術法

婦人

今注目の資格です

柔道整復師になるには国家資格が必要になります。その起源は柔術から来ており、打撲や脱臼、骨折、捻挫などの治療を専門に行う仕事です。主な治療方法としてはテーピングや湿布、包帯などを使った施術方法になります。一般には高校卒業後、柔道整復師養成課程のある大学や短大、専門学校に入学します。そこで必要科目を学び、国家資格合格を目指すわけです。その内容は多岐に渡り、解剖学や運動学、柔道整復論、リハビリテーション学などです。医療に関する国家資格の中でも合格率は比較的高く、学校できちんと勉強をしていれば資格は取得出来ます。勤務先としては整骨院や病院の整形外科などがあります。特に骨折や脱臼の応急手当を除く治療には医師の同意が不可欠なことから病院勤務もあるのです。また患者の痛みを緩和するストレッチや軽い運動など怪我の再発を防ぐアドバイスも行います。現在柔道整復師のニーズは高まっており、競争も激化しています。それに伴い活躍する場所は広がって来ており、スポーツ分野でのトレーナーや介護や福祉分野での機能訓練指導員などです。またその知識と技術を活かして、地域密着な医療人としてスポーツ大会の救援活動、地域住民の健康維持管理のための啓蒙活動、防災訓練活動や過去には東日本大震災の被災地でのボランティア活動などその活躍は目覚ましいものがあります。このように怪我で苦しんでいる人に手を差し伸べ、また患者の悩みや痛みに耳を傾け、施術を繰り返すことで人の不調を改善へと導き、患者に再び笑顔を取り戻させる事ができるのが柔道整復師なのです。