国家資格の一覧をチェック【ニーズを高めているリハビリ系の資格】

男の人

治療者として働ける資格

柔道整復師は、接骨院や整骨院で働いたり、自ら開業したりするのに必要な国家資格です。専門学校・短大・大学等の指定施設で3年または4年間学んで必要な知識や技能を身につけた後、国家試験に合格すると取得できます。

詳しく見る

男女

整体師の勉強をするには

整体師として働くために、必須な国家資格などはありません。ただ整体師になるには整体の知識や技術は必要であるため、養成学校に通う、通信教育で学ぶ、整体院に就職して直接学ぶといった方法で整体について学ぶことになります。学び方や費用相場が異なりますが、自分に合った方法を選びましょう。

詳しく見る

勉学

就職や独立がしやすい資格

医療系の国家資格一覧の中には、医師や薬剤師のように取得のための時間や費用もかかる難易度の高いものも掲載されています。また、2年から3年専門学校に通うことで受験ができ、就職や転職に有利になったり、直ぐに独立開業が目指せる資格も存在します。

詳しく見る

婦人

柔術を起源とする施術法

柔道整復師は今注目されるこ国家資格が必要な職業の一つです。施術を受ける患者も幅広く子供から高齢者までいます。主なものに骨折、打撲、脱臼、捻挫などがありますが、スポーツに限らず、日常生活の中で痛めた患者にも施術を行います。その為、柔道整復師にとって何より大切なのが患者とのコミュニケーションです。

詳しく見る

男性

整体師になるために

整体師の役割はますます増しています。整体師になるには免許は必要ないが技術や経験が必要です。整体を学ぶ方法は2つあり、一つが整体学校に通う方法、もう一つが整体院で学ぶ方法があります。どちらを選ぶかは慎重に考えた方がいいでしょう。

詳しく見る

今ニーズが高い医療系資格

勉学

リハビリ系のニーズも高い

医療系の国家資格一覧を見ると、よく見聞きする身近な存在から聞いたこともない資格、見聞きしたことはあってもどんな仕事内容なのかイメージできない国家資格もあるかもしれません。高齢化をはじめ、ガン患者や生活習慣病患者の増加などで医療系の人材は全般的に不足傾向にあり、ワークスタイルの問題などもあって医師や看護師、薬剤師などのメジャーな国家資格を持つ人材も常に求められています。もっとも、一覧でも目を引くこれらの資格は難易度も高く、一度、社会に出た方がチャレンジするのは難しく、学生でも何年もかけて受験勉強をしていかないと国家資格取得のために必要となる大学にも受かりません。一方、医療系の国家資格でも専門学校で学ぶことができ、高校を卒業する方から社会人や主婦の方までやる気があれば学べる国家資格やそのための学校もあります。その中でも近年ニーズを高めているのがリハビリ系の国家資格です。一覧でみると理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが該当します。理学療法士は加齢による身体能力の低下の予防や改善など高齢者施設や介護施設で活躍したり、事故や病気で障がいを負ったり、麻痺が残った方の回復や改善や日常生活への復帰ができるよう支援するお仕事です。作業療法士は発達障害のお子さまをはじめ、知的障害や精神障害の方の改善や回復のサポートもでき、作業をしながら日常生活に役立つ能力の向上を後押しします。言語聴覚士は脳卒中や心筋梗塞、事故や加齢で言語障害や嚥下障害がある方の改善や予防を行う仕事で、一覧の中でもニーズが高い分野でありながら、国家資格者が少ない分野です。